芸能人

蒔田彩珠(あじゅ)さんは朝ドラで大ブレーク!10代の才能と言われる彼女の秘密とは?!

7歳の頃から子役としても活動している蒔田彩珠(まきた あじゅ)さん。

2021年放送のNHK朝ドラ「おかえりモネ」ではヒロインの妹、”みーちゃん”役を演じ、女優としてさらに活躍を見せ”10代の才能”として注目の若手実力派の彼女は

人には言えない何かを抱えた役を演じさせれば同年代ではトップクラス!」と

世間からも高く評価されていますね♪

2022年にはドラマ出演も控えている蒔田彩珠(あじゅ)さんの簡単なプロフィールや今後の活動についてなども詳しくまとめてみました!

蒔田彩珠(あじゅ)さんのプロフィール

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

蒔田彩珠 Makita Aju(@makita_aju)がシェアした投稿

生年月日:2002年8月7日(19歳※2022年1月現在)

出身地:神奈川県

身長:158cm

兄弟:蒔田伊吹(兄・元子役)

事務所:ユマニテ

デビューのキッカケはお兄さん

蒔田さんは7歳で子役デビューしており、1歳年上であるお兄さん(蒔田伊吹さん)がCMなどで活躍しているのを見て、芸能界に入ったのがキッカケなようです♪

デビュー当初は子役事務所のキャロットに所属しておりましたが、中学生になった2015年に今の事務所であるユマニテに移籍しています。

蒔田彩珠(あじゅ)さん主な出演作品

テレビドラマ

『ちびまる子ちゃん』:さくらさきこ役

『とと姉ちゃん』:水田たまき役

『おかえりモネ』:永浦未知役

映画

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』:主演・岡崎加代

『朝が来る』:片倉ひかり役

『万引き家族』:柴田さやか役

蒔田彩珠(あじゅ)さんは10代の才能?!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

蒔田彩珠 Makita Aju(@makita_aju)がシェアした投稿

2018年公開の「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」では映画初主演を果たし、

2020年に公開された「朝が来る」ではヒロインを務め、その演技力が高く評価され

・第44回日本アカデミー賞 新人俳優賞

・第94回キネマ旬報ベスト・テン 助演女優賞

・第45回報知映画賞 助演女優賞

・第42回 ヨコハマ映画祭 助演女優賞

・第75回 毎日映画コンクール 女優助演賞

・2020年度全国映連賞 女優賞

・第15回アジア・フィルム・アワード助演女優賞

と輝く功績を残してあり、間違いなく”10代の才能”と言えるでしょう!!

数々の受賞をしていますが

演じることが楽しいってことを忘れたくない。楽しむ気持ちを一番大事にしたい

と胸の内を伝えており

蒔田さん同様に朝ドラでヒロインを演じた経験のある清原伽耶さん杉咲花さん広瀬すずさんなど今ではドラマや映画の主演に抜擢されることの多い若手女優さんたちが演じてきた重要なポジションでもあるので蒔田さんにも今後の活躍に期待ができそうですね!

2022年には連続ドラマにも出演!!

2022年1月21日(金)より放送がスタートする

TBS金曜ドラマ『妻、小学生になる』

では主演の堤真一さん演じる新島圭介の一人娘である麻衣役として出演が決まっています!

蒔田さん演じる麻衣は元々内向的な性格でしたが、石田ゆり子さん演じる母親が”突然亡くなり、母親から生き方を学べないまま大人になった20歳の女の子”という設定のようです。

「何かを抱えた役を演じたらトップクラス!」の彼女がどんな演技をするのか、これから始まるドラマの方も見逃せませんね♪

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

蒔田彩珠 Makita Aju(@makita_aju)がシェアした投稿


子役の頃からCMなどでも活躍され、現在ではドラマや映画の主演なども務める蒔田彩珠(あじゅ)さん。

数々の映画受賞をされ”10代の才能”と言われ”同年代トップクラスの演技力”を持った彼女の活躍に今後も期待していきたいですね♪